倶知安町で久しぶりの山岡家らーめん

何年振りか分からないくらい、超久しぶりに山岡家でのラーメン。

調べたら、札幌に北海道1号店がオープンしたのが平成4年のようです。場所は「すすきの」

もう30年くらい前ですね。

自分が最初に食べたお店はどこか覚えていないけど、すすきの店じゃないことは確か。

だけど、山岡家は初期と味が変わりましたよね。メニューも変わっているし、時代の流れに合わせて進化している感じがします。

何を食べたか忘れましたが・・・(-_-;)

今回は味噌系のラーメンと餃子、ライスがセットになったメニュー。価格は1,000円。

脂多め、麺硬め、味は普通でお願いしました。

まず餃子とライスが先行して到着しましたが、ほとんどタイムラグが無くラーメンも運ばれてきました。

久しぶりの山岡家。まずはレンゲでスープをすする。

あれ?

なんか、記憶にある山岡家のスープと違う。

味噌の田舎くさ~い香りが口の中に残る。

いま、こんな味なんだ?山岡家って。

フランチャイズはお店によって味が異なることがありがちなので、なんとも言えないけど、自分の知る「山岡家らーめん」とはちょっと違う味でした。個人的には、記憶に残る昔の山岡家の方が好み。

「まずい!」とは思わないけど、「また来週も食べたい!」という味ではない。

いつになるか分からないけど、次回は、違う山岡家で違うメニューでトライしたいと思います。