ラーメン玉 赤備@東京ラーメン国技館

東京出張の際、お台場のホテルで宿泊することになり、以前から気になっていた東京ラーメン国技館へ。

東京出張の夜は、居酒屋で一杯が基本路線だけど、この日は札幌のラーメン共和国みたいなイメージで夕食を食べに足を運んだけど、意外と!?ガラガラな東京ラーメン国技館。

どのお店で食べようか、悩んだ。

下調べ無しで来たのもあるが、こうもガラガラだと混み具合でラーメンの美味さを推測することも不可能だ。

一通り、それぞれのお店の前を歩き、らーめんの写真を眺めて回った。

で、決めたのが「赤備」

「濃厚」という文字が目を引いた。

個人的に「あっさり」よりも「濃いめ」が好みな自分。こだわりのスープがいかほどのものなのか、非常に興味がわいた。

さっそく赤備の券売機に向かうと、もうひとつ目に飛び込んだメニューがあった。

サイドメニューの「名物チャーカツ丼」だ。

とろけるチャーシューをサックサクに揚げた【チャーカツ】が乗っかったどんぶりらしい。

蕎麦屋でミニかつ丼というのはあるし、ラーメン店でチャーシュー丼というのも食べたこともある。

しかし、チャーシューをカツにした一品は食べたことがない。

しかも、とろけるチャーシューだ。

どうしようか?など考える間もなく、券売機のボタンを押していた。

ラーメンとミニチャーカツ丼が運ばれ、まずはスープを一口。

うんうん・・・、、、 うん。。

美味いけど・・・、絶品ってワケではない。

「濃厚さ」も、あえて紹介文に書くほどのモノでもない。

麺とメンマを口に運んだが、やはり・・・。普通・・・。

全体的な量も少なめ。

気を取り直して、チャーカツ丼へ。

サクッと一口、カツを頬張るが・・・、ラーメンとチャーカツ丼を待っている間に頭の中の創造を掻き立てたモノとは違う。普通のカツ丼とは異なるが、お店の紹介文にある「絶品の旨さ」とは言い難い。

ラーメンもチャーカツ丼も「マズい」とは思わない。だけど、どちらも「絶品」ではない。

なるほど。ガラガラなのは、平日だからなどではないようだ。

今日も居酒屋へ行った方が良かったと、ちょっぴり後悔をした夜だった。