飯寿司が美味しい季節になった

  • 投稿日:
  • by

冬の寒さがやっと訪れました。この寒い時期になると食べたいのが飯寿司。

飯寿司は魚と野菜などを使用した発酵食品ですが、寒い地域では12月にもなるとスーパーの店頭にたくさん並びます。

ハタハタや紅鮭なんかが有名どころなんですが、イカやカレイ、ホッケなどの飯寿司も地方によってはあります。

その「いずし」ですが、本当の名称は【なれずし】ということを先日初めて知りました。

自分の知識からすると、ホントかどうかはっきりしませんが、【なれずし】よりも飯寿司と呼んだ方が分かり易いのではないでしょうか?

秋田のハタハタ、北海道のニシンやサケなどが有名ではないかと思いますが、他の県での郷土料理としての飯寿司にはアユやサンマ、サバ、イワナなんかもあるんだとか。

先月11月に【フード・アクション・ニッポン・アワード2014】なるイベントの表彰式が東京であり、ここで飯寿司が登場しました。

北海道は伊達市に本社がある【中井英策商店】という会社の「炙りホタテのいずし」という商品。この商品、飯寿司には珍しく「ホタテ」を使用しているんですよ。ホタテ。

しかも炙っているホタテというのが、他県はもちろん北海道でも類を見ない飯寿司で、香ばしい香りとホタテの貝柱の甘みが口の中で絶妙にマッチ!本当に美味いんですよ、この飯寿司。

この中井英策商店というのは、全国的にも珍しく飯寿司を主として製造している会社で、炙りホタテのほかにはキンキのいずしもあり、全国で初めて商品化した会社なんだとか・・。それで、キンキのいずしも全国的な賞を受賞していて、味は折り紙つきといったぐあい。ここの飯寿司を食べたらもう、スーパーの飯寿司なんて食べられませんよ。

スーパーで売っている商品の中には、ちょっと魚の生臭さが残る商品もありますが、中井英策商店さんの飯寿司はどれもクセが無い、驚きの味で「飯寿司は嫌い!」という方でも食べられちゃう美味しさ。

結構高い値段で販売している飯寿司も少なく無い中、値段も良心的な会社。是非一度は食べてもらいたい、イチオシの飯寿司屋さんです。

いずし専門店 中井英策商店の飯寿司通販サイト